自由熊

「 自由熊の由来とスターチャイルド 」
 日本で最初にテディベアが作られたののは、1931年(昭和6年)です。
名前は「自由熊」。この「自由熊」の名前の由来は、読んで字の如く、首、腕、脚が自由に動くというストレートな命名です。
 和製テディベア「自由熊」を最初に製作したのは、当時、東京、三河島の大和田玩具製作所。
 ある日、取引先玩具卸の社長がヨーロッパで手に入れたシュタイフのテディベアを持ってきて、これと同じものを作ってとの依頼から始まった。
 それまでの熊のぬいぐるみとは全く違った、日本初のテディベア作りは困難を極めた。特にジョイントの製作に苦労した。
 試行錯誤の末、厚手のボール紙と、ブリキの円盤に穴を開けたもの、釘をなましたもので、ジョイントの代用として製作した。
 太平洋戦争後、東京、中野区江古田で大和田玩具製作所は製造を再開した。
そこで私の父・長谷川 江久は技術・技能を修得し、1952年(昭和27年)に、現在の新宿区中落合に、長谷川玩具製作所を創業した。

 1957年(昭和32年)、私の誕生祝いに私だけの「自由熊」を作ってくれました。







 大学卒業後、長谷川玩具製作所に就職し、ぬいぐるみ作りの技術・技能を修得し、
1990年(平成2年)、ぬいぐるみ企画・製造・販売会社 
スターチャイルドを創業しました。
そして、2000年「自由熊」の新しいモデルを発売しました。



 2008年(平成8年)、突然父を亡くしました。
そのショックで毎日仕事に身が入らず悶々としていた。
このままではいけないと思いながら日々すごしていた。
 ある日、目白駅の近くの陶芸教室の1日体験講座に
参加した。
この時、味わった感覚は、フランスの哲学者アランの「幸福論」の中に書かれている
「人間は、意欲しものをつくり出すことによってのみ幸福である。」
そのものであった。
 最初は、壷や酒器を作っていたがもの足りず、私だけが作れるものは何かを考えた結果、
2012年に、陶製の「自由熊」を作った。




私にとって「自由熊」は、単に「首、腕、脚が自由に動く熊」ではなく
日本で作られたテディベアとして位置づけている。


自由熊コレクション

「1950年 製造」





「2000年 製造」









ぬいぐるみブティック・スターチャイルドのオフィシャルサイトです。

http://www.star-child.co.jp